着物 処分

MENU

着なくなった古い着物、どうする?

古い着物 処分

洋服と違って着物は保管に困ります。着なくなったからと言ってすぐ処分することもできずに困っている方も多いのではないでしょうか。そのまま置いておこうにも、

 

・思ったより大きくて場所を取る

 

・生地がデリケートで保管が大変

 

・着たくても一人で着られない

 

 

といったも問題があります。また一度着なくなると結婚式など一大イベントでも敬遠しがち。それが古い着物だったらなおさらで、デザインも流行から外れて、ますます着なくなり…

 

そんな『着なくなった古い着物』処分するならどんな方法があるでしょう?そして一番ラクで、せっかくの着物を損せず手放すことができるのはどんな方法でしょうか。

 

着物の処分方法は3通り

 

捨てる(廃棄処分)

 

着物 処分 捨てる

着物とは言え衣類。捨てて文字通り処分するには地域のルールにもよりますが『燃えるごみ』として出すことになります。しかし着物は非常にかさばり、ごみ袋が複数必要になるケースもあります。地域によっては裁断する必要があったり、小物の材質によっては分別しなければなりません。

 

ただ、思い出深い着物をゴミとして処分する人はあまり多くありません。お母さんやお祖母さんの遺品として残っていることもあり、心情として捨てる人は少ないようです。

 

リメイク(再利用)

 

着物 処分 リメイク

近年注目される着物の処分方法です。バッグや小物に着物のレトロな柄がマッチするため、特に女性に人気が高いです。和柄物は海外でも人気が高く、自分でリメイクしてネットで販売している人もいます。

 

思い出の品が新しくよみがえることもあり、非常に良い処分方法と言えるでしょう。ただしリメイクには技術が必要なため、専門のリメイク業者を探してオーダーで依頼するのが一般的。

 

買い取りしてもらう(売る)

 

着物 処分 売る

着物の処分では最も現実的な方法です。手物にある着物を処分することができ、なおかつ売却することでお金が得られます。次に使う人がいるので、心情的に捨てるのに躊躇している人にはお勧め。着物を買い取ってもらうには

 

@リサイクルショップに持ち込む

 

A宅配で着物買取店に送る

 

B着物買取店に出張査定を依頼する

 

 

という3パターンの方法があります。

今が一番損をしない『着物の買取』

着物 処分 買取

以前は着物の買取と言えば、和服古着屋やリサイクル店だけでした。しかしインターネットを通じ売買が盛んに行われるようになるとサービスも成熟し、着物の買取を専門に行う業者が現れるようになりました。

 

そんな着物買取業者が毎年増えているため、業者側とすれば買取額で他社に負けてしまうと仕入れができなくなってしまいます。そのため在庫を求めている着物買取業者が多い『今』が、着物を売るのに最も損をしない時期と言われています。

 

なぜ高価買取できる?

 

着物 処分 高価買取

着物の買取が増えている理由として、着物の需要が高騰していることが挙げられます。日本文化の世界的な人気や、東京オリンピック招致により日本の着物に注目が集まっているのです。

 

そのため国内はもちろん国外にも需要が増えたことから、着物の価値が上がっていると言われています。特に古い着物は流通量自体が少ないため価値が高いものもあり、保存状態の良い着物は珍しいため買い取ってもらいやすくなりました。

 

着物処分なら出張・宅配買取が便利

着物 処分 リサイクルショップ

着物の買取には持ち込み・出張買取・宅配買取の3パターンがあります。このうち最もベーシックな方法はリサイクルショップなどに持ち込む方法でした。現在も店舗型のリサイクルショップは多数存在します。

 

しかし持ち込みにはいくつかデメリットがあります。

 

・着物は重く、持ち運びが大変

 

・専門の鑑定士がいない場合がある

 

・ブランド着物しか引き取らない店も

 

 

せっかく足を運んだのに期待した査定額にならなかったり、そもそも着物を引き取っていない場合もあるかもしれません。下調べせずにむやみに持ち込むのにはリスクがあるのです。

 

そのため着物を買取してもらうのであれば、着物鑑定の専門家がキチンと査定してくれる『出張査定』や、こちらから着物を着物鑑定の専門家の元へ送る『宅配査定』を利用するのが確実です。

着物 処分 出張査定マン

出張査定や宅配査定はネットからの申し込みがメインです。中には他社より買取金額が安い場合は返却するという『価格保証』を設けている業者もいますので、うまく利用すれば損せず売却することができますよ。

 

出張・宅配買取なら『スピード買取.jp』

 

出張・宅配買取を行っている買い取り業者はいくつかありますが、その中でも特に高値を提示してくれると好評なのが『スピード買取.jp』です。

 

着物 処分 スピード買取.jp

全国へ無料出張査定

 

古い着物でも買取OK

 

買取は現金即払いOK

 

 

スピード買取.jpは独自の販売ルートを持つため、ブランド物から古く汚れが目立つ着物まで幅広く買い取りをしてくれます。他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却というサービスもあり、注目を集めています。

 

▼詳細はこちら▼

スピード買取.jpを利用した人の口コミは?

スピード買取.jp 口コミ 40代 女性

 

初めての着物処分にスピード買取.jpを利用
着物 処分 買取評価4

 

着物を売りたいと検討していたところ、たまたまスピード買取.jpのCMを見て興味を持ちました。出張買取は初めてでしたが、持ち込みが難しかったので訪問してもらうことにしました。問い合わせの時から丁寧な対応で安心して来ていただきました。親切で感じの良いスタッフさんが訪問日に時間通りに来られ、査定をしてくれました。思ったよりも高価査定だったので驚きました。満足のいく着物買取でした。

42歳 女性 群馬県


スピード買取.jp 口コミ 30代 男性

 

査定が出るまでが早かった
着物 処分 買取評価5

 

スピード買取.jpで着物買取をしてもらいました。宅配査定で着物を売ったのですが、問い合わせの際とても丁寧に対応をしていただいて満足できました。思っていたより返事が早く、迷わないうちに査定額がわかったのでありがたかったです。今回は着物だけでしたが、お酒や切手なんかも買取してくれんですね。知りませんでした。何か処分する機会があったらまた利用したいです。

37歳 男性 宮城県


スピード買取.jp 悪い口コミ 30代 女性

 

もう少し高値を狙ってたけど…
着物 処分 買取評価3

 

太ったせいか京都で購入した着物のサイズが合わなくなり、着られなくなりました。持っていても仕方ないためスピード買取.jpへ着物買取を依頼!結構時間をかけて査定していたので、仕事熱心だなと思いました。ただ提示された価格は正直想像した通りの値段だったので、こんなもんかと思いましたがその場で承諾しました。もう少し期待を超えてくれると嬉しかったかな…保存状態の問題みたい。でも店員さんの態度はよく、査定もしっかりしていたと思います。

33歳 女性 福岡県


スピード買取.jp 口コミ 40代 女性2

 

祖母が着ていた着を物買取していただきました
着物 処分 買取評価4

 

祖母が使用していた着物があったのですが、箪笥の中に収めておくと勿体ないので手放そうと思いました。ところが、地域には着物買取してくれる店はなく、どうしたものかと悩んでいました。あるときTVでスピード買取.jpのCMが流れてきて、ここならいいんじゃないかと思ってサイトから着物買取を依頼してみました。数日後、業者の方が来てくれたので着物を見せると、思ったよりも高値になったため売らせてもらいました。愛着もあったのでキチンと査定してもらえてよかったです。

49歳 女性 秋田県


スピード買取.jp 口コミ 20代 男性

 

量が多いから助かりました!
着物 処分 買取評価5

 

亡くなった母が自宅に大量に保管をしていた着物をどう処分をするか悩んでいて、インターネットで買ってくれる業者を探していた時に口コミで評判が良かったスピード買取.jpに連絡をしました。どんなに古くても着物買取をしてくれると紹介されていた通り、虫食い穴があるものや汗染みがあるものも買い取ってくれたのが嬉しかったです。しかも無料出張で家に来てくださったので運び出す手間も省けて助かりました。

27歳 男性 千葉県


 

>>スピード買取.jpの詳細はこちら

 

着物を処分するタイミング

着物 処分 タイミング

長きに渡って保管してきた着物ですが、あなたはその着物をいつから保管しているか覚えていますか?

 

パッと思い出せないくらいの時間が流れているとすれば、それは着物を手放すタイミングを逃してしまっていたのかもしれません。着物は洋服に比べ素材がデリケートで傷みやすく、寝かせている間にダメージを受けていることもあります。

 

では、着物を処分するべきタイミングはいつでしょうか?それはあなたご自身の環境が変わったり、ライフスタイルに変化があったときでしょう。いくつか代表的なタイミングをご紹介します。

着物を処分するタイミング
@遺品整理の際に着物が出てきた

着物 処分 遺品整理

着物を処分することが多い場面として挙げられるのが、遺品整理の時です。

 

・生活用品で処分するものが多い

 

・どこに何が置いてあるかわからない

 

・賃貸の場合立ち退き期限がある

 

 

そうなると一つ一つ価値があるかどうかという事にこだわっていくこともできず、一律に不要なものとして捨ててしまうしかなくなってしまう事もあります。

 

故人が着物を楽しんでいたなど、比較的高価なものが多いと考えられる場合は、業者を入れて遺品整理をするときに着物の買取にも積極的に取り組んでいる遺品整理業者を選ぶなどという形で対応していくとよいでしょう。

 

亡き人も、集めていた大切なものをごみとして捨てられるより、活かしてもらったほうが嬉しいと思ってくれるかもしれません。

着物を処分するタイミング
A冠婚葬祭で1回着ただけ

着物 処分 冠婚葬祭

私たちは洋服での生活がメインです。改まった場では和装をすることもありますが機械は少ないでしょう。成人式用にあつらえた振袖は未婚の時にしか着用しないことが多く、その後出番が無くなってしまう事も多いものです。このほか、

 

・友人の結婚式

 

・子供の入学式

 

・パーティーやイベント

 

 

で着る機会はあるかもしれませんが、今現在『着物を着るのはちょっと抵抗がある』と思っているなら今後も着ることはないでしょう。

 

そのまましまっていても劣化の危険や保存の手間がありますから、価値のあるうちが処分すべきタイミングであるといえます。捨てるのではなくリメイクや買い取ってもらうと無駄になりません。

着物を処分するタイミング
B着物の稽古を辞めた

着物 処分 稽古

着付けやお茶・お花など、和風の文化を習っている方は着物を着る機会も多くなります。自然と枚数も増えていくことでしょう。しかし辞めてしまう着る機会が無くなります。お気に入りのものだけ残しておけば、後は処分してよいタイミングでしょう。

 

着物はただ所持しているというわけにいかず、クリーニングや虫干しなど手間や保管費用が大きくなります。まめに着るなら枚数を持っていてもよいですが、それほど着る機会がないなら、必要な都度レンタルするほうが便利です。

 

まだキレイなうちに売却し、その分これからやりたいことにお金をかけていくほうが有意義であるといえるでしょう。

 

着物の処分には『勢い』も大切

 

着物 処分 いつ

祖母が大切にしていたものだから捨てるのは忍びない、また何かのタイミングで自分が着てみたい…と思っても、着物を着るイベントとなると1年に1度あるかないか。

 

しかも着付けは一人では難しい場合もあり、急に着ようと思ってもうまく着られない場合があります。普段から着物を身に付けるようなライフスタイル(お稽古や定期的なパーティー)があれば別ですが、出番はなかなか増えてくれません。

 

着物は保管するにしても羽織の枚数や帯、足袋、草履などセットにすると意外とかさばるため、場所を取ってしまうのもネックです。保管するよりもレンタル着物で済ませる方がスペースも有効活用できるなど、思い切った発想も必要かもしれません。

 

もう着物は着ないな…と思ったら

着物 処分 着ない

着物は目的もなく取っておくとメリットは少ないです。たしかに古い着物は確かに価値が高くなることはありますが、

 

・着物の生地に痛みが出る

 

・虫に食われてしまう

 

 

という可能性もあります。年々劣化する前に、処分方法の目星は付けておきましょう。

 

一度見積もり査定だけ取っておいて価値を確認しておくという手もあります。査定額が安ければ知人や着付け教室に譲って大切に使ってもらい、査定額が高ければそのまま売ってしまうのも一つの手です。査定は無料で受けられますし、その場で手放さなくても大丈夫です。

 

着物 処分 活用

古い着物だしどうせ価値なんか付かない、汚れやシミがあるから査定に出すのが恥ずかしい…と思って眠らせておくより、キチンとプロの目に判定してもらって、必要としている人のもとに届けてもらうのも着物の上手な活用法なのかもしれませんね。

 

▼着物の買取・査定なら▼

 

<PR>カーライフお金ナビ|車の買い替えを【最安・最短・簡単】に!